忍者ブログ
更新記録と萌えと日常。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回ばかりは起きてました。
見た後は暫しボーッとして、とりあえずもう一回。
もう一回。またもう一回。
もちろん犬一行のところは飛ばして(え)。

と、繰り返して今に至ります;;
昨日も今日も明日も仕事なのに。。。
まあ見る前に三時間くらい寝たから大丈夫だと思います。たぶん。
目が冴えてまともに寝れないだろうことは予測済みだ!(開き直り)

今日はちょっと早く出なきゃいけないので、感想は夜に追記します。
殺りんって素晴らしい!!!


--------------------------------------------------------------[追記]

帰りました。こんばんはです。
まったく収拾ついてませんが以下感想。




 *****
あの冥界編が動いて喋って色がついて音楽まで流れてるという、
ちょっと前まであり得なかった現実。
いろいろ思うところはあるけど、そのこと自体に感動しました。
こんだけ兄が「りん」って連呼してるなんて信じられない/////
アップ多いし。
感情豊かだし。
本気で心臓がやばかった……っ。

でも、贅沢は言わないと言っといてやはり期待してたのか、
残念だったところもちらほら。
個人的に先週の復習は要りませんでしたorz
省略された兄台詞の数々も悲しかった。
「この腕は刀を振るうための~」とか
「黙れ」とか、

「生きている……」
「連れて帰る!」
「なんの価値がある!?」

とか!!!(涙)
なにゆえですか……_| ̄|○|||
特に「連れて帰る」なんて、原作では二週に渡って大コマで書かれてたのに。
あと「救われたいのか…」のくだりが、原作とニュアンスが違うような。
一番雰囲気が違ったのは、
「もう…大丈夫だ」
でしたが。
この間を、もうちょっとためて貰いたかったです。
なんで「もう」の語尾が上がってたんだろ;;
天生牙を落とす→浄化のシーンも、なんだかあっさり流されてしまった感じが;;
光に包まれるところ、管理人はふんわり白くてやさしい光のイメージでした。
尺を考えてこれが精一杯だったんだろうなとは思っても、殺りん的には残念です。。。

と、こんなに文句言ってますが、全体的に満足でした。
ええ、成田さんのお声で
「りんの命と引きかえに得るものなど…・・何もない!!」
が聞けましたから/////
のたうち回った……!
りんちゃんも、どれもこれも最高に可愛かったですvv
蘇生して兄にほっぺ触られて赤くなってたし。
見つめ合ってるとこなんかこっちが正視できなかったし!
もう本気で琥珀が邪魔でした(爆)。
手を重ねるところは原作通りにしてほしかった……。
あっでもあの時の兄、かすっかに微笑んでる横顔はよかったです。
二人の世界つくってましたv
絶対あれはお互いしか見えてない!

ご母堂さまの声は思ってたより抑揚ついてましたね。
やや高め(?)の声が時々凄むのは迫力ありました。

まあ、あれです。
まとめると原作があまりに神がかってたのが要因だと思います。(←まとまってない)
あと、たくましすぎる妄想(笑)。
これからますます兄とか殺りんの出番が増えてくので楽しみです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
生存報告
プロフィール
HN:
嘉月
HP:
性別:
女性
自己紹介:




ブログ内検索
おとの小箱



志方あきこさんのジュークボックス。
楽曲リストは日替わりです。
よろしければご試聴を♪
最新記事
最新コメント
[05/10 猫目石]
[01/16 高岡 俊哉]
[12/07 高岡 俊哉]
[08/22 高岡 俊哉]
[06/30 園子]
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone